分野紹介

ご挨拶

福井小紀子教授からのメッセージ

当分野は,これから急速に進む超高齢・人口減少社会に向けて,ケアの受け手となる療養者,そしてケア提供者となる看護職を含む医療介護職双方が支えあい,やりがいや生きがいを持って,住み慣れた地域で過ごしていくことを目指した学問的知見を培うことを目標としています.

このために、分野の教員や大学院生を含む全構成員が力を合わせて,全世代の人々が安心・安全に過ごせる「地域包括ケアシステム」や「在宅ケアシステム」の構築に向けて、看護学研究者が果たせる役割の大きさは甚大であると考えています.

 分野名である「在宅ケア看護学」が表すように,当分野では「地域包括ケア」と「在宅看護」をキーワードとした幅広いテーマについて多彩な研究を精力的に進めています.

 まず一つ目は,ケアの受け手に直接的に役立つテーマである,入退院支援,エンドオブライフケア,在宅緩和ケア,施設看取り,認知症ケア,レスパイトケア,治療後の在宅療養者のフレイル予防などの「個別ケアの発展」に貢献する研究.

 二つ目は,ケア提供者自身にとって有用であり,ひいてはケアの受け手に間接的に役立つテーマとなる,医療介護連携,産官学民連携,在宅ケア管理,離職防止,スタッフ教育などの「ケア提供者,組織,地域のシステム的発展」につながる研究.

 三つ目は,人口減少社会を見据えて,我々ケア提供者の人材の最大活用と限られた資源におけるケアの生産性向上を目指し,パーソナルヘルスレコードの活用やデータヘルスの推進が進むなか,医療介護レセプト情報,介護施設等で集積されているケア記録,在宅ケア領域で支払い請求上集積されている在宅ケア記録等の解析による看護の見える化や効果のエビデンス化に寄与するビッグデータを扱う研究.

 四つ目は,科学技術・技術革新がヘルスケア業界に急速に導入される時代的背景のなか,看護の視点で行う,見守り機器や介護ロボットの導入・応用に繋がる研究,センシング機器等を活用した連続観察による効果的なケア追及を行うための看工連携研究やトランスレーショナルリサーチ.

 以上のように,当研究室では,超高齢・人口減少社会に向けて今後ますます重視されていく“個別ケア”,“地域システム”,“ビッグデータ”,“科学技術”の4つをキーワードに,異分野・異業種連携そして国際的な連携を積極的に行いながら,社会的ニーズに看護が応えることを目指して,幅広い研究テーマを展開・追及していきます.
 日々研鑽を積んでいる我々と一緒に,将来の看護学の発展に繋がる研究仲間となっていただける方を心よりお待ちしています.

 
福井小紀子